奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請理由として、家庭事情についての説明が求められます。噛み砕くと、家計・収入が少なく、学生生活に必要な費用を充足できないことを説明できればOKでしょう。

収入が少ない理由として、父親や母親の会社が不況の影響を受け、増収が見込めない、減給された、あるいは失業したなどが挙げられます。いずれも、家計の維持や進学などが困難になる出来事です。申請理由を書く際は、必ず明記しましょう。



不況・不景気による家計悪化を強調する例文⑥

私の父の努める会社は、リーマンショック以降、不況の煽りを受け、業績が著しく悪化しました。それに伴い、父の給与も減額されました。収入が減る一方で、学校にかかる費用は膨らみ、家計が圧迫されています。私はこれまで、家計に負担を与えないようアルバイトをしてきましたが、大学では勉強に重点を置き、アルバイトを控えたく思い、奨学金の貸与を希望する次第です。

<理由の書き方・例文構成>

不景気 → 収入状況(減収) → 取組み(アルバイト)→ 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文