奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請理由として、家庭事情についての説明が求められます。噛み砕くと、家計・収入が少なく、学生生活に必要な費用を充足できないことを説明できればOKでしょう。

収入が少ない理由として、父親や母親の会社が不況の影響を受け、増収が見込めない、減給された、あるいは失業したなどが挙げられます。いずれも、家計の維持や進学などが困難になる出来事です。申請理由を書く際は、必ず明記しましょう。



不況・不景気による家計悪化を強調する例文⑦

景気の後退を受け、父の昇給は見送られています。家計は住宅ローンや光熱費、生活費などの固定費を支払うので精いっぱいになり、日々倹約に努めています。しかし、この状況では、学費や教科書代、生活費などの仕送りなど、私の学生生活にかかる費用を充足することはできません。アルバイトをするにも、今は学業に専念し、就職活動の準備をするため、控えたく思います。そのため、奨学金の支給を希望します。

<理由の書き方・例文構成>

不景気 → 収入状況(昇給なし) → 見通し困難 → 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文