奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請理由として、家庭事情についての説明が求められます。噛み砕くと、家計・収入が少なく、学生生活に必要な費用を充足できないことを説明できればOKでしょう。

収入が少ない理由として、父親や母親の会社が不況の影響を受け、増収が見込めない、減給された、あるいは失業したなどが挙げられます。いずれも、家計の維持や進学などが困難になる出来事です。申請理由を書く際は、必ず明記しましょう。



不況・不景気による家計悪化を強調する例文10

私の父の会社は、昨今の不況で事業所が減り、何人もの社員がリストラにあいました。幸い父は会社に残ることができましたが、給与や賞与が大幅に減ってしまい生活に困窮しています。多少の貯蓄はありますが、父の会社はまだ安定しておらず、今後切り崩すであろうそのお金を学費にくださいとはとても言えませんし、最初から退学を視野に入れての入学では心配です。安心して卒業するためにもどうか奨学金の貸与をお願いいたします。

<理由の書き方・例文構成>

不況 → リストラ → 回避 → 減収 → 困窮で家計が心配 → 奨学金貸与希望


家庭事情別の申請理由・例文