奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を申請する際には、通常家庭事情を記入しなければなりません。家庭事情情報の説明とは、要するに経済的に苦しくて、学費や書籍代、交通費、家賃や場合によっては必要な交際費や物品代を捻出できないことを説明することになります。

通常、兄弟や姉妹がいる申請者は、家計に余裕がありません。子どもが1人であるのと、2人以上では、支出が段違いです。つまり、兄弟や姉妹がいる場合は、その兄弟にかかる費用(学校や塾、通院、看護、就活など)について説明しましょう。



兄弟や姉妹がいることを強調する例文⑧

私には現在、私立中学校に通う弟がいます。弟が公立小学校から私立中学校に進学したことで、私の学費等を含め、教育にかかる支出が家計を大きく占めるようになりました。学費を納めても、教科書代や交通費、生活費など、支出は増える一方で、家計は逼迫(ひっぱく)状態です。私は今後、学業に専念し、就職活動に力を注ぎたいと思い、アルバイトを控えたいと思います。学生としての本分を全うするため、奨学金の貸与を希望します。

<理由の書き方・例文構成>

家庭状況 → 支出状況 → 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文