奨学金家庭事情の例文 申請理由100選

奨学金を申請する際、家庭事情について説明する必要があります。申請書類の家庭事情欄には、なぜ家計が苦しく、奨学金を必要とするのかを簡潔に書きます。

通常は、経済状況の説明を中心に書きますが、勉学や研究に対する積極的な姿勢をアピールするために、将来の夢や希望を前面にだすケースもあります。具体的になりたい職業や、勉強したいことを明記すると、心象はよくなるでしょう(奨学金の「奨学」は、そもそも学問を奨励することです)。

ただ、あくまで「家庭事情」の記入なので、家計や経済状況についても記載ふれなくてはなりません。



夢や希望を強調したい場合の例文①

私は将来、システムエンジニアなどの情報科学の分野に就職したいと考えています。しかし、大学では学費や教材費に加え、自習するためのパソコンや周辺機器にかかる費用は家計に大きな負担となり、捻出するのが困難な状況にあります。大学では学業に励むために、奨学金による支援を切に願います。立派な社会人になり、社会に還元できるよう邁進します。

<理由の書き方・例文構成>

夢・希望 → 支出・負担 → 見通し困難 → 奨学金希望 → 意欲


家庭事情別の申請理由・例文