奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を申請する際、家庭事情について説明する必要があります。申請書類の家庭事情欄には、なぜ家計が苦しく、奨学金を必要とするのかを簡潔に書きます。

通常は、経済状況の説明を中心に書きますが、勉学や研究に対する積極的な姿勢をアピールするために、将来の夢や希望を前面にだすケースもあります。具体的になりたい職業や、勉強したいことを明記すると、心象はよくなるでしょう(奨学金の「奨学」は、そもそも学問を奨励することです)。

ただ、あくまで「家庭事情」の記入なので、家計や経済状況についても記載ふれなくてはなりません。



夢や希望を強調したい場合の例文③

私は将来、大学を卒業し、小学校の教師になりたいと考えています。教師になるため、まずは自ら克己し、勉学を修めたく思います。しかし、学費や教材費など、学生生活にかかる費用は家計を大きく圧迫し、父の収入では大学生活を続けることは困難です。これまで、夢を叶えるべく、アルバイトをしていましたが、今後は学業に専念したく、奨学金によるサポートを希望する次第です。

<理由の書き方・例文構成>

夢・希望 → 意欲 → 支出・負担 → 今迄の取り組み(アルバイト)→ 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文