奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の家庭事情情報には、どれでけ経済的に困難であるかを書く必要があります。通常、母子家庭や父子家庭の場合は、共働きという手段がないため、経済的に苦しい場合が多いです。

母子家庭または父子家庭のケースでは、情状面で親がどれだけ苦労をして、家計を維持しているか書くのが良いでしょう。それは決して同情を誘うためではなく、まじめに生活を堅持している姿勢を表すためです。

あわせて将来の夢や希望などを交えて、勉強に対する意欲を示すとよいでしょう。



母子家庭、父子家庭を強調する例文①

私の両親は、私が小学生の時に離婚し、父が男手一つで私の成長を支えてきてくれました。しかし、大学への入学は、そんな父にとって大きな経済的な負担になるもので、家賃や生活費を工面するだけでも手一杯な現状の収入では、私の学生生活を全てカバーすることは極めて困難です。健全な学生生活を送り、立派な社会人になるため、奨学金のサポートを受け、勉学に邁進したく思います。

<理由の書き方・例文構成>

家庭事情 → 家計状況 → 見通し困難 → 意欲・奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文