奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の家庭事情情報には、どれでけ経済的に困難であるかを書く必要があります。通常、母子家庭や父子家庭の場合は、共働きという手段がないため、経済的に苦しい場合が多いです。

母子家庭または父子家庭のケースでは、情状面で親がどれだけ苦労をして、家計を維持しているか書くのが良いでしょう。それは決して同情を誘うためではなく、まじめに生活を堅持している姿勢を表すためです。

あわせて将来の夢や希望などを交えて、勉強に対する意欲を示すとよいでしょう。



母子家庭、父子家庭を強調する例文11

幼いころ父が蒸発し、私は母と二人で暮らしてきました。いつか父が帰ってきてくれるのではと待ちながら、母は必死に働き私をここまで育ててきてくれました。しかし、母一人の収入ではとても進学は難しく、私も高校でアルバイトが禁じられておりましたのでせめて節約に協力するくらいのことしかできませんでした。私には教師になりたいという夢があります。苦労ばかりの母を楽にするためにも、奨学金の支給をお願いいたします。

<理由の書き方・例文構成>

父蒸発 → 母子家庭 → 母の収入では不足 → 節約に励む → 将来の夢 → 母を楽にさせたい → 奨学金支給希望


家庭事情別の申請理由・例文