奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の家庭事情情報には、どれでけ経済的に困難であるかを書く必要があります。通常、母子家庭や父子家庭の場合は、共働きという手段がないため、経済的に苦しい場合が多いです。

母子家庭または父子家庭のケースでは、情状面で親がどれだけ苦労をして、家計を維持しているか書くのが良いでしょう。それは決して同情を誘うためではなく、まじめに生活を堅持している姿勢を表すためです。

あわせて将来の夢や希望などを交えて、勉強に対する意欲を示すとよいでしょう。



母子家庭、父子家庭を強調する例文14

私は物心ついた頃から母子家庭で育ってきました。決して裕福ではありませんでしたが、私もアルバイトで家計を支え、兄弟含め家族仲良く暮らしてきました。ところが、私たちの住む地域には大学が無いことから、進学を考えるのなら家を出る必要があります。けれど、家にはそれだけのお金がありません。下宿費用については私がアルバイトで賄いたいと考えておりますので、進学については奨学金の支給をお願いできればと思います。

<理由の書き方・例文構成>

母子家庭 → 裕福ではない → アルバイトで家計を支える → 実家から通えない → 不足分を補うため奨学金支給希望


家庭事情別の申請理由・例文