奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

 そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文②

両親は共働きですが、住宅ローンや生活費の支払がかさみ、家計に余裕はありません。私も日頃から倹約に励んでいますが、家計に余裕はなく、高校生の時は家計の負担を減らすためアルバイトをしていました。しかし、大学進学に当たっては、卒業後、社会の一員として立派に働けるよう、今はアルバイトを控え、その分勉強や就職活動に力と時間を注ぎたいと思い、奨学金の支給を希望する次第です。

<理由の書き方・例文構成>

父母の収入状況 → 不足 → 日頃の取り組み(倹約) → 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文