奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文③

私たち家族は、すでに定年退職した祖父母と同居しており、病気がちな祖父母にかかる医療費や介護費などが家計に大きな負担となっています。その他、住宅ローンや生活費などの支出もかさみ、私は高校在学中、家計の足しにとアルバイトをしながら勉強を続けていました。しかし、大学で勉強するに当たっては、就職を見据え、今以上に勉強に重きを置きたく、奨学金による経済的なサポートをお願いしたく思います。

<理由の書き方・例文構成>

家庭状況 → 支出が多い → 今迄の取り組み(アルバイト) → 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文