奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文⑥

私は一社会人として立派に社会に巣立てるよう、大学での勉強に励みたく思っています。しかし、現状、両親に経済的な余裕はなく、日々の生活費を捻出するだけで精いっぱいです。そんな状況で、私の学費や書籍代、生活費など、学生生活にかかる費用を十分に工面することは極めて困難です。私はいままでアルバイトをしてきましたが、今後は学業に集中したく思い、奨学金の貸与を希望いたします。

<理由の書き方・例文構成>

意欲 → 収入に余裕なし → 支払困難 → 再び意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文