奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文⑨

両親は、今まで家計を維持すべく、働き続けてくれています。しかし、私の入学は大きな出費となり、今後続く学費や教科書代、生活費、交際費などをすべて捻出することは到底できません。私は高校生の時、家計の負担を減らそうとアルバイトをしてきましたが、これからはその比重を減らし、極力学業に専念したいと思います。学業を修め、学生の本分を全うさせるため、奨学金の支給を願う次第です。

<理由の書き方・例文構成>

仕事状況 → 家計圧迫 → 今迄の取り組み(アルバイト)→ 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文