奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文10

私の家は自営業です。商店街の一角で両親は昔ながらの和菓子屋を営んでいるのですが、近所に大型のショッピングモールができてしまってからは大幅にお客さんが減ってしまいました。伝統の味を守り続けている姿をずっと見てきた私としては、厳しいながらも頑張ってほしいのですが、負担を考えると進学費用を出して下さいとは言えない状況にあります。両親に心配をかけず勉学したいと思いますので、奨学金の貸与をお願いします。

<理由の書き方・例文構成>

自営業 → 事業環境の変化 → 進学で家計に負担をかけたくない → 奨学金貸与希望


家庭事情別の申請理由・例文