奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文12

私が奨学金の支給を申請したのは、住宅ローンにより家計がひっ迫されているからです。景気の良かったころに組んだローンの額は現代の相場とはとても合わず、共働きをしていますがとても貯金ができるような家計ではありません。親に負担をかけたくはありませんが、私には進学して学びたいことがあります。申し訳ないと謝ってくれる父や母のためにも奨学金を利用し、就職に生かし、いずれは一緒に家計を支えたいと思っています。

<理由の書き方・例文構成>

奨学金申請理由 → 住宅ローンが原因 → 家計が苦しい → 負担をかけたくない → 就職し家計を支えたい


家庭事情別の申請理由・例文