奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文13

私の両親は奨学金を利用して大学を卒業しました。そのため、大学進学費用を親がねん出するという考えがそもそも無く、進学をしたいのなら自分で奨学金の申し込みをして入学しなさいと言われ育ってきました。奨学金を頂くことで、より勉強に身が入ると両親は常に言っており、私もその意見に賛同しています。遊びに行くような気持ちではなく、貸与して頂いた奨学金で真摯に勉強に励みたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

<理由の書き方・例文構成>

両親の経験 → 奨学金前提の進学 → 勉学に対する意欲


家庭事情別の申請理由・例文