奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文14

私の両親は工場勤務をしています。長年同じ持ち場を任され、信頼も厚いのですが小さな町工場のため、給与がほとんど上がりません。両親は私の進学のことで頭を悩ませています。一時は転職を考えていましたが、工場で培った技術は他の会社では役立たないことと、年齢的にも厳しいようです。そこで、今養ってもらっている以上に迷惑をかけることはしたくないと考え今回奨学金の申請を思い立ちました。どうか支給をお願いいたします。

<理由の書き方・例文構成>

両親の仕事 → 昇給無し → 転職困難 → 迷惑をかけたくない → 奨学金申請


家庭事情別の申請理由・例文