奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文15

私の志望校は家から離れた場所にあり、新幹線を利用して通うにも、下宿を利用するにも多くの費用がかかります。少しでも足しになればとアルバイトを行う予定ではいますが、進学費用だけでなく定期代、もしくは食費、水光熱費などを賄えるほどの収入には足りません。私には研究者になりたいという夢があり、高校の化学部で表彰された経験があります。より優れた環境で化学の発展に力を注ぎたいと思いますので奨学金をお願いします。

<理由の書き方・例文構成>

志望校が遠い → 費用がかかる → アルバイト予定 → 夢 → 高校での実績 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文