奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文16

私の進学を控え今日まで両親が貯蓄をしてくれていたのですが、まもなく年の離れた妹が生まれることになりました。新しい命の誕生を家族全員で楽しみにしているのですが、出産で母がパートに出られなくなったことと、赤ちゃんに関わる出費が増えることが予想されるため、大学の進学費用は奨学金を支給していただき、自分の力で学業を続けていけたらと考えています。両親に甘えるのではなく、やり遂げる姿を妹に見せたいと思います。

<理由の書き方・例文構成>

子どもの誕生 → 出産による費用負担 → 進学費用は奨学金でカバー → 意欲


家庭事情別の申請理由・例文