奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるのには、申請書類を一式そろえ、家庭事情などの状況や申請理由を明記する必要があります。家庭事情が慢性的に良くない、特に目立った出来事なんかはないけど、学費や書籍代、生活費、交通費、交際費などを工面するのが大変な場合、家庭事情の記入は頭を悩ませますね。

そんな時は、ここの特に理由がない場合の例文を参考にしてみてください。



特に理由がない場合の例文17

私の家庭の収入はあまり多くはありません。そんな家計を支えるべく高校入学時から新聞配達をしてきましたが、大学での勉強では学ぶことがもっと増えると聞き、アルバイトをしながらでは体をこわしてしまうのではと家族が心配をしています。また、私自身もせっかく進学するのなら4年間は授業に専念したいという思いがあります。未熟な私を応援してくれる新聞社の方のためにも奨学金を貸与いただき、有意義に使いたいと思います。

<理由の書き方・例文構成>

低収入 → 新聞配達 → 両立困難 → 勉強に専念したい → 奨学金貸与希望


家庭事情別の申請理由・例文