奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請には家庭事情情報を記載する必要があります。つまり、なぜ家計が苦しく、奨学金の貸与や支給を希望するのかが問われます。

通院や入院などの病気の治療、介護などは、家計に最も大きな負担を与えるものの1つです。家族にこれらの必要がある場合は、申請理由を書く際に、必ず明記しましょう。



病気や介護の家計負担を強調する例文①

私には今年で80歳になる祖母がいます。現在、祖母は認知症を患っており、その介護や通院にかかる費用が、家計にとって大きな負担となっています。そんな中、私は大学で勉強に励みたく思いますが、学費や生活費は十分に賄えません。祖母に適切なケアを行いつつも、大学での勉強や研究を放棄したくなく、学生の本分を全うするため、奨学金の貸与を希望する次第です。

<理由の書き方・例文構成>

家庭事情 → 家計の負担 → 見通し困難 → 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文