奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請には家庭事情情報を記載する必要があります。つまり、なぜ家計が苦しく、奨学金の貸与や支給を希望するのかが問われます。

通院や入院などの病気の治療、介護などは、家計に最も大きな負担を与えるものの1つです。家族にこれらの必要がある場合は、申請理由を書く際に、必ず明記しましょう。



病気や介護の家計負担を強調する例文④

私の家族は、祖父と同居しています。祖父は昨年、腫瘍が見つかり、治療のため入退院を繰り返しています。通院や投薬、交通費、自宅での療養は、すべて合わせると高額な出費になり、そんな折、家計には私の大学での勉強にかかる費用を工面するだけの余裕がありません。しかし、大学では学業に専念し、同時に就職活動に力を注ぐべく、アルバイトは控えたく思い、奨学金の支給を希望いたします。

<理由の書き方・例文構成>

家庭事情 → 家計の負担 → 見通し困難 → 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文