奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請には家庭事情情報を記載する必要があります。つまり、なぜ家計が苦しく、奨学金の貸与や支給を希望するのかが問われます。

通院や入院などの病気の治療、介護などは、家計に最も大きな負担を与えるものの1つです。家族にこれらの必要がある場合は、申請理由を書く際に、必ず明記しましょう。



病気や介護の家計負担を強調する例文⑤

大学生活では、学費や教材費、交通費などの必要経費の他、就職活動の準備費用などがかかりますが、父の給与水準は低く、また昇給の見通しもないため、全てカバーするのは極めて困難な状態です。また、私は幼い頃から喘息がひどく、その治療代や薬代なども家計に負担を与えています。家計の過度な負担を軽くするとともに、学問に専念するため、奨学金による経済的サポートを願う次第です。

<理由の書き方・例文構成>

支出状況 → 収入状況 → 見通し困難 → 健康状態 → 意欲 → 奨学金希望


家庭事情別の申請理由・例文