奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請には家庭事情情報を記載する必要があります。つまり、なぜ家計が苦しく、奨学金の貸与や支給を希望するのかが問われます。

通院や入院などの病気の治療、介護などは、家計に最も大きな負担を与えるものの1つです。家族にこれらの必要がある場合は、申請理由を書く際に、必ず明記しましょう。



病気や介護の家計負担を強調する例文⑦

数年前、一人暮らしをしていた祖父が認知症と診断されました。最初は軽度でしたが、症状が次第に悪化してしまい、現在は施設に入所しております。介護に関わる金銭を年金だけで賄うことは難しく父の収入からその費用をねん出しています。その為、大学進学は今のままでは難しいのが現状です。そんな時に奨学金制度を知りました。大学でしっかり勉強したいと願う私にはどうしても奨学金が必要です。心より貸与をお願いいたします。

<理由の書き方・例文構成>

認知症 → 病状悪化 → 要介護 → 家計負担 → 就学費用捻出不能 → 奨学金が必要


家庭事情別の申請理由・例文