奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請には家庭事情情報を記載する必要があります。つまり、なぜ家計が苦しく、奨学金の貸与や支給を希望するのかが問われます。

通院や入院などの病気の治療、介護などは、家計に最も大きな負担を与えるものの1つです。家族にこれらの必要がある場合は、申請理由を書く際に、必ず明記しましょう。



病気や介護の家計負担を強調する例文⑧

私の父は腎不全による人工透析を受けています。特定疾病療養費の申請はしていますが、週に3回、4時間にわたる透析治療が必要なため、満足に会社へ出社することができません。透析治療は一生通う必要があり、不安定な状況は今後も変わりません。私や母もパートやアルバイトをしていますが、進学に向け貯金をするまでには至りません。このような家庭環境ですが、大学での勉強を強く希望していますので奨学金の支給をお願いします。

<理由の書き方・例文構成>

病気により通院 → 収入不安定 → アルバイト状況 → 貯金不十分 → 意欲 → 奨学金支給希望


家庭事情別の申請理由・例文