奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請には家庭事情情報を記載する必要があります。つまり、なぜ家計が苦しく、奨学金の貸与や支給を希望するのかが問われます。

通院や入院などの病気の治療、介護などは、家計に最も大きな負担を与えるものの1つです。家族にこれらの必要がある場合は、申請理由を書く際に、必ず明記しましょう。



病気や介護の家計負担を強調する例文12

私には介護が必要な祖母がおり、現在一緒に暮らしています。祖母は一人で身の回りのことが行えず、母が付きっきりで手を貸している状態で、その甲斐甲斐しい姿は見ていて尊敬するほどです。しかし、このままではいずれ母も辛くなってしまいます。そこで、母を助けるためにも大学で介護や福祉について勉強し資格を取得したいと考えました。働けない母と介護に必要な出費で進学費用に余裕がありませんので奨学金を貸与願います。

<理由の書き方・例文構成>

要介護 → 同居 → 母の負担 → 意欲・将来の希望 → 奨学金貸与希望


家庭事情別の申請理由・例文