奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金の申請理由には、家計が経済的に苦しい理由を書きます。大家族であればあるほど、お金はかかります。おじいさんやおばあさんと同居している場合や、金銭的に支援している場合は、申請理由になります。

高齢者との同居やケアは、一般的にお金がかかります。具体的に何にお金がかかっているのか、家庭事情に照らして具体的に書いておくと効果的です。また、年金だけでは足りていないことも書くとよいでしょう。

高齢者につきものの、病院代や介護代については、病気・介護が原因の例文も参考にしてみてください。



祖父母との同居や支援に関する例文⑤

私の家庭には高齢の祖父母がいます。年金受給者ではありますが、元自営業であり、事業があまりうまくいっていなかったそうで所得は低額です。また、自営業時代の借金を現在父が肩代わりして返還をしており、少しでも家計を支えるべく現在母や私も仕事をしていますが、進学後は学業に励みたいと考えています。父や母を安心させ、心から勉学に打ち込むためにも奨学金を貸与頂き、いずれは私が両親を支えていきたいと思っています。

<理由の書き方・例文構成>

祖父母と同居 → 年金受給額が少ない → 父の負担増 → 家計を支えているが学業に励みたい → 奨学金貸与の希望 →両親を支えたい


家庭事情別の申請理由・例文

例文の使用にあたってご注意ください

奨学金の申請にあたり、家庭事情または申請理由に本サイトの例文をそのまま使用する、または参考に使用することは自由ですが、奨学金成否等については責任を負いかねますので、予めご了承ください。