奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

奨学金を借りるとき、その申請理由を記載する必要があります。基本的に、申請理由には家庭事情を記載します。つまり、家庭が経済的に困難な状態にあり、進学費用や学生生活に必要となる費用を支払うことが難しい旨、説明できればOKです。

奨学金の申請者は、「なぜ」家計が苦しいのか、その理由を具体的に説明することが望ましいです。また家庭事情と併せて、学業に対する意欲も示すとよいでしょう。



特に理由がない場合の例文

兄弟や姉妹がいることを強調する例文

祖父母との同居や支援に関する例文

不況・不景気による家計悪化を強調する例文

母子家庭、父子家庭を強調する例文

病気や介護の家計負担を強調する例文

夢や希望を強調する例文

返還猶予・減額の申請理由 例文集

スポンサーリンク

例文の使用にあたりご注意ください

本サイトは、奨学金を申請する際に記入が必要となる家庭事情情報の例文で頭を悩ます方に向けて、申請理由の書き方や例文を記載しています。申請理由をそのまま記載することについて、当サイトでは特に禁止していませんが、奨学生採用の成否については一切責任を負いませんので、ご注意ください。申請理由の参考使用についても、全て自己責任でお使い頂きますよう、おねがいします。

作者について

中学から大学院まで、授業料の減免に始まり、奨学金や国の教育ローンの借入、返還猶予、返還免除、繰上返還を経験。早く完済して身軽になりたいですね。(´Д`)

趣味でギターの無料楽譜を掲載したホームページも作っていますので、息抜きに遊びにいらしてくださいね。


アルバイトの志望動機はこちらから!

アルバイトの志望動機 例文倉庫1
アルバイトの志望動機 例文倉庫2